読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマー予防にはサプリ!家族の認知症予防に

アルツハイマーの予防にはサプリが今熱い。サプリメントで予防を考えているあなたをサポートするサイトです。サプリと一緒に取り入れたい運動やコグニサイズや拮抗運動、さらに大事な食事なども紹介。イクセロンパッチ、リバスタッチとグレリンの関係、若年性アルツハイマー、スピードトレーニングについても解説。

若年性アルツハイマーはサプリで予防できるのか?

若年性アルツハイマーをご存知でしょうか?65歳以下で発症するアルツハイマー病を指し、家族性アルツハイマーもこの中に入ります。今多くの方がアルツハイマーの予防に励む中若年性アルツハイマーをサプリで予防することはできるのでしょうか?

若年性アルツハイマーとは?予防できるのか?

f:id:brainexpert122:20160722063056j:plain

若年性アルツハイマーとは10代から65以下に発症するアルツハイマー病のことをいいます。以前までは65歳以上の発症をアルツハイマー型認知症として区別していましたが、現在は両方とも同じ病態であることがわかり、同じ意味で使用されています。

通常の高齢発症のアルツハイマーに比べると症状の進行が早く、現代においては治療法がない状態です。そのため働き盛りの方が発症すると本人と家族を含めて困ってしまいます。

若年性の場合一部に家族性のアルツハイマーの方も混ざっており、遺伝的な要因で発症する方もいます。そのためいろいろな方法で予防を考えるのですが、若年性の場合はなかなか難しいのが現状です。ましてやサプリでの若年性アルツハイマーの予防は現時点全く証拠がありません。

若年性アルツハイマーはどうやって予防するの?

f:id:brainexpert122:20160722064418j:plain

だからといってあきらめてはいけません。若年性アルツハイマーを発症したとしても周囲の理解や手助けがあればうまく生活していけます。本当は発症しない方がいいのですが、いろいろな要因があるためそれは防げません。

ただし発症を遅らせたり、その後の症状を緩徐にしてくれる可能性はあります。

だからまずは生活習慣病にかからないようにすることが大事です。生活習慣病を発症すると発病を早めたり、症状の進行を早めてしまう可能性があります。

そして定期的に運動を行い、食事をしっかり、バランスよく摂りながら睡眠、ストレスを溜めないような生活習慣を作ることが大事です。

さらに若年性アルツハイマーの発症を少しでも抑えるために、サプリも使うことをお勧めします。完全に予防できるかどうかはわかっていませんが、サプリにもその可能性があるのではないでしょうか?

特にフェラル酸、プラズマローゲンはドクターズサプリとして広まっており、色々な研究でも良好な結果がでています。私は少しでも可能性があるもの、方法は試してみる方がいいと思っています。

十人十色と言いますが、人間みんな違います。だからアルツハイマーの予防に関してもいろいろな考えがあるのでは?

ただアルツハイマーにはなりたくないですよね!

もしも若年性アルツハイマーを心配するなら、いろいろなことに取り組みながらサプリを試してみることをお勧めします。