読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマー予防にはサプリ!家族の認知症予防に

アルツハイマーの予防にはサプリが今熱い。サプリメントで予防を考えているあなたをサポートするサイトです。サプリと一緒に取り入れたい運動やコグニサイズや拮抗運動、さらに大事な食事なども紹介。イクセロンパッチ、リバスタッチとグレリンの関係、若年性アルツハイマー、スピードトレーニングについても解説。

アルツハイマーの予防にはサプリと仕事の転職が効果あるって本当?

アルツハイマーの予防のためにサプリを飲んでいる人は多いと思います。ただサプリだけでは完全な予防にはなりません。そこでちょっと変わった考え方ですが、転職が予防につながると聞いたらあなたはどうしますか?

転職すればアルツハイマーを予防できる?

f:id:brainexpert122:20160717072411j:plain

 

転職したらアルツハイマーの予防になるといわれてもピンとこないと思います。しかも「転職する」ことは人生の分岐点となり、非常に決断がいる行為のためそう簡単にはできないことだと思います。

ただ脳のことを考えると転職は非常に脳を活性化させ、アルツハイマーの予防につながる可能性があります。

実は人間の脳は一人で過ごすよりも社会的な交流環境に身を置くことで発達が促進されることが様々な研究でわかっています。

様々な社会的な環境に身を置くことで脳は学習し、知識を獲得していきます。ただ同じ環境にいつ続けると馴れ合いになってマンネリ化してしまいます。そうなると脳の発達は止まってしまい、また元の状態に戻ってしまいます。

ある研究で、動物を使って1匹だけでいる場合、2匹で1週間ごとに相手を変える場合、2匹で2日ごとに相手を変える場合で脳の細胞新生などに変化が出るか調査が行われました。

この研究の結果は「2日ごとに相手を変えた」ほうが脳が活性化していることが分かったのです。

人間も社会的な環境にただいるだけでなく、新しい刺激を受け続けるほうが脳の活性化につながる可能性があります。どんなに楽しい仕事もマンネリになってしまうと脳の発達は促進されなくなってしまう。

だから転職して新しい環境での交流が脳に刺激を与えて、アルツハイマーや認知症の予防につながる可能性があるのです。

アルツハイマーの予防にサプリを使う時は?

f:id:brainexpert122:20160717073252j:plain

アルツハイマーの予防にサプリを飲んでいる人、もしかしたら同じ毎日の繰り返しで飽きたりしていませんか?

人と話したり、人と接したりする社会交流は予防に重要です。でもそれがマンネリ化しているとその刺激もあまり効果的ではありません。

私たち人間は新たな環境に行くことを躊躇してしまいます。今いる環境が良すぎるとその状態を維持しようとしてしまいます。それでも新たな環境に飛び出すことは脳に刺激わお与え、アルツハイマーの予防につながります。

毎日同じ繰り返しではなく、新しいものを取り入れる、そうすればサプリと相乗効果で予防につながると思います。

転職は決断が入りますが、新たな環境で過ごすのもいい予防になるかもしれません。