読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマー予防にはサプリ!家族の認知症予防に

アルツハイマーの予防にはサプリが今熱い。サプリメントで予防を考えているあなたをサポートするサイトです。サプリと一緒に取り入れたい運動やコグニサイズや拮抗運動、さらに大事な食事なども紹介。イクセロンパッチ、リバスタッチとグレリンの関係、若年性アルツハイマー、スピードトレーニングについても解説。

アルツハイマーの予防に効果的な食事 その料理とは?

アルツハイマーの予防には食事に気をつけることが大事です。でもどんな食事、料理がいいのかご存知ですか?実は以前より知られているあの料理が予防に効果があると言われています。一体どんな料理を食べれば予防の効果があるのでしょうか?

 

 

アルツハイマーを予防する料理とは?

アルツハイマーを予防するために推奨されている料理があります。それは地中海料理、カレー、糖質制限食が現時点予防の可能性のある食事とされています。一体なぜこの料理が予防につながるのでしょうか?

地中海料理

f:id:brainexpert122:20160617142523j:plain

アメリカの研究ではアルツハイマーになった人と健常者の生活を比較したところ、果物、野菜、豆類、穀類、魚類が豊富でオリーブオイルを多用する「地中海食」がリスクを半減することが示されています。この研究から地中海食が注目を浴び、海外では予防にオリーブオイルをしっかり使った食事をとる習慣ができています。

イメージとしてはオリーブオイルは必ず使用してチーズ、ヨーグルト、野菜、フルーツ、豆やナッツ、パン、パスタなど毎日摂取する。卵、鶏肉、魚類を週に数回程度摂取して、赤身などの肉類はほとんど摂取せず月1〜数回摂取程度に抑える。あとこれに毎日ワインを適量ほど飲む。このスタイルがアルツハイマーの発症を予防してくれます。食材の種類や量にもよりますが、料理にオリーブオイルを使っていることが認知症予防にいいとも考えられてもいます。家庭でオリーブオイルを使う時にはなるべくエクストラバージンと書かれているものをお勧めします。日本の食習慣からはちょっと慣れない食事ですが、味付けを和食にしながら上の食材とオリーブオイルを使ってみたらいかがでしょうか?

カレー

f:id:brainexpert122:20160617145415j:plain

カレーにはターメリック(ウコン)が使用されており、ウコンの中に含まれるクルクミンがアルツハイマーの予防に効果的です。クルクミンには強い抗酸化作用があり、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβ蛋白を減らす効果も期待されています。カレーにはこのクルクミンが多く含まれております。アメリカの研究ではカレーをたくさん食べるインド人はアメリカ人に比べるとアルツハイマーの発症が1/3も少ないことがわかっています。またシンガポールの研究でもカレーを多く食べる習慣を持っている人は認知機能の低下の頻度が少なかったこともわかっています。クルクミンだけでなく、野菜をふんだんに使用しており、栄養バランスも高い食事になります。カレーは料理の中でもかなりアルツハイマーの予防が期待できる料理です。さすがに毎日は日本人には難しいでしょうが、週1日くらいでも摂取できたらいいのではないでしょうか。

糖質制限食

f:id:brainexpert122:20160617143124j:plain

 糖質制限食がアルツハイマーの予防の中で注目されています。最近の研究では糖尿病が直接アルツハイマー病のリスクなると考えられるようになっています。糖尿病に伴う血管障害に加え、糖尿病による酸化ストレスやインスリン抵抗性がアルツハイマー病の原因を悪化させる可能性があることがわかったのです。そのためアルツハイマーを予防するのであれば早期から糖尿病にならないような食生活を送る必要があります。日本食スタイルで少量摂取を心がければ糖尿病の心配はあまりありません。ただ現代社会は本当に誘惑にかられる美味しそうな食材がたくさんあり、ついついたくさん食べたくなってしまいます。そのため普段の生活から糖質を制限することが大事であり、その習慣さえ身につければ糖尿病の心配は無くなります。ただ糖質制限といっても甘いお菓子を制限するのではなく、ご飯やパンなどの炭水化物を控えることが大事です。主食を控えれば血糖上昇は抑えられ、肥満の解消にもつながります。予防のために行うので過度の糖質制限は必要なく、無理なく可能な範囲で行いあとは運動を一緒に行えばいいでしょう。

アルツハイマーの予防に効果的名食事を紹介しました。それぞれレシピがたくさん公開されているので色々な情報を参考にしてみてください。